自動車

「国産新車か、輸入中古車か」激戦の小型SUV市場で新型ヴェゼルが売れているワケ (1/3ページ)

 ホンダ「ヴェゼル」が好調だ。4月23日に発売された新型は発売1カ月で約3万2000台を受注している。競争の激しいSUV市場で人気を博しているのはなぜか。交通コメンテーターの西村直人さんが解説する--。

 ■初代ヴェゼルの累計販売台数は約384万台

 2代目となったホンダ「ヴェゼル」の販売が好調だ。4月23日に発売された新型は、発売1カ月で約3万2000台を受注した。

 コンパクトSUVに属するヴェゼルは初代から人気が高かった。他社ブランドとの競合が激しいSUVカテゴリーにおいて、都市だけでなくアウトドアシーンにもマッチするデザインと、ホンダがお得意とする広く、使い勝手の良いキャビンが好評を博した理由だという。

 遡って2013年12月。国内で発表された初代ヴェゼルは、欧州や北米地域、さらには中国や他のアジア地域、中南米などでも販売された。モデルライフ約7年間の累計販売台数は約384万台と優秀な記録を残し、最盛期には70万台以上売り上げた年もあったという。

 ■初代デザインのコンセプトは「クーペとSUVの融合」

 その初代ヴェゼル、デザインのコンセプトは「クーペとSUVの融合」である。

 初代ヴェゼルのデザインを担当した本田技術研究所・四輪R&Dセンターデザイン室1スタジオ・山本洋幸氏(当時)は、「上級クラスからのダウンサイザーを新しいユーザー層として受け入れる必要があった。そうしたユーザーの方々はクルマ好きが多く、あらゆるクルマの性能に対する要求値が高い。今回はそうした方々にも振り返っていただけるデザインを心掛けた」という。

 デザインのこだわりはキャビンにも見受けられる。前出の山本氏は、「クーペとSUVの融合とは、つまりハイブリッド。一方、世の中にはクルマだけでなくハイブリッドが増えた。その中で我々は、ハイヒールとスニーカーが融合した『Y-3』というシューズに共感した。そして、シフトレバー台座部分にあたるセンターコンソール部分にハイヒールが放つ機能美をデザインエッセンスとして採り入れた」と、筆者のインタビュー取材で応じてくれた。

 ■環境性能や安全性能に求められる基準が上がった

 あれから8年、2代目ヴェゼルが迎えるクルマ社会は大きく変化した。

 燃費数値に代表される環境性能は、ボディサイズが大きく車重がかさみがちなSUVであっても、CO2排出量換算で95g/km以下と高いレベルが求められる(欧州での排出量基準)。新型ヴェゼルは実際の走行状態に即した国際的な燃費測定モードであるWLTC換算値で92.9g/km(e:HEV「X」の前輪駆動モデル)だ。

 安全性能もしかり。万が一の際に生存空間を確保する衝突吸収ボディも、世界各地域の自動車アセスメントでトップクラスの結果を残す(=高い安全性能を確保する)ことが求められ、先進安全技術の分野にしても、日頃の運転支援強化までもが評価対象となった。端的に、メーカーとしてやるべき項目は増えつつ、制度や基準は高くなったのだ。

 その間、SUVユーザーの舌は肥えた。ヴェゼルが属するコンパクトクラスでは、魅力的な新モデルが世界各国から登場し続けているからだ。さらに、いずれも使いやすく、しかも求めやすい価格帯でラインアップするのだから、ユーザーである我々とすれば選択肢が増え、ありがたい限りだ。

 ■輸入車のコンパクトSUVも視野に入る価格

 税込み293万7000円(※)。今回、筆者が試乗した新型ヴェゼルの最上級モデル「e:HEV Z」(シリーズ式ハイブリッドモデルで前輪駆動)の価格だ。

 ※オプションボディカラー代含む。価格は試乗会のスペックシートより。

 試乗車にはさらにメーカーオプションとして、Honda CONNECTディスプレー+ETC2.0車載器+ワイヤレス充電器、ディーラーオプションとして、フロアカーペットマット、ドライブレコーダー(前後録画、駐車録画機能付)が装着されていた。締めて税込み326万246円。

 登録にかかる諸経費は時期により変動するが仮に6月登録となれば、概算で11万~12万円程度。乗り出しまでの総額は338万円程度(ホンダWebサイトによる簡易見積額)だ。

 実際はディーラーにおける値引きが期待できそうだが、販売好調が続く新型ヴェゼルだけに強気。グレードによっては年が明けてからの納車(!)というから、値引きがあったとしても端数調整程度か……。

 さて、コミコミ価格で340万円台となると、じつは輸入車のコンパクトSUVも中古車であれば十分に視野に入る。ただし、中古車といえども登録から3年以内の新しい個体が対象になる。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus