話題・その他

全日空、日航が先陣 1週間前倒しでワクチン職場接種始動

 企業の従業員らを対象とした新型コロナウイルスワクチンの職場接種が始まった。先陣を切ったのは航空業界で、全日本空輸が13日から羽田空港で実施、日本航空も14日に開始した。両社は当初、政府が開始の目安とした21日からの実施を想定していたが、国際線の水際対策を強化する観点から優先的な扱いとなり、約1週間前倒しした。

 赤羽一嘉国土交通相は14日に羽田を訪れ、全日空と日航の接種状況を視察した。報道陣の取材に応じ「(職場接種は)地方自治体の負担を減らし、日本全体のワクチン接種の進展に寄与する」と期待感を示した。

 全日空はグループの社員ら4万6500人を対象とし、感染拡大地域との往来が避けられない国際線のパイロットや客室乗務員ら計1万人を優先する。日航も国際線の乗務員を優先し、最終的にグループの社員3万6千人を対象とする。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus