話題・その他

最大30万円の困窮世帯支援で電話窓口開設 厚労省

 厚生労働省は14日、困窮世帯に最大30万円を支給する新制度「新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金」の相談専用コールセンターを開設した。フリーダイヤル(0120)468030。平日の午前9時~午後5時に受け付ける。(【宣言長期化で支援拡充】困窮世帯向け給付金を新設)

 支援金の対象は、国が最大200万円まで無利子で貸し付ける特例制度を上限まで使い切るなどした上、収入が単身世帯で月13万8千円以下(東京23区の場合)、預貯金が100万円以下といった条件を満たした世帯。生活保護利用者は対象外となる。(【7月にも開始】困窮世帯に最大30万円、新型コロナ対策で政府)

 支給額は単身世帯が月6万円、2人世帯が8万円、3人以上世帯が10万円で、7月以降に最大3カ月支給する。申請期限は8月末まで。相談窓口は、長引く新型コロナ感染拡大で生活に苦しむ人が増え、問い合わせも増加していることから開設した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus