話題・その他

「場面緘黙症」のパティシエ少女がつくる極上スイーツ、今日も工房に

 家族など限られた人とは話せるが、学校などでは話すことのできない「場面緘黙(かんもく)症」という心の病気がある。滋賀県近江八幡市の人気パティシエ、“みいちゃん”こと杉之原みずきさん(13)も重い症状に苦しむ一人だ。自宅以外の場所や家族がいない状況だと不安に襲われ、話せないだけでなく体すら動かない。そんなみずきさんが昨年、「みいちゃんのお菓子工房」をオープンさせた。「お菓子でみんなを笑顔にしたい」という思いを胸にお菓子作りに励んでいる。(清水更沙)

 あっという間に完売

 真っ白な三角形の屋根が特徴の「みいちゃんのお菓子工房」は近江八幡市内の住宅街の一角にたたずむ人気のお菓子店だ。開店日は月に2度ほどで来店予約が必要だが、毎回予約人数はすぐにいっぱいに。予約した人は店で自由に商品を選んで購入でき、用意したケーキや焼き菓子約180個はあっという間に完売してしまう。

 学校などの集団生活の場では不安から体も動かなくなってしまうが、「自分の城」である工房では手際よく、ケーキを作るみずきさん。慣れた手つきでクリームを絞ったり、果物を盛り付けたりしながら、次々とショートケーキやガトーショコラを完成させていく。

 みずきさんが作るお菓子は、スマイルマークを施したプリンや果物を花が咲いたようにデコレーションしたケーキなど、華やかでかわいらしいものが多い。母の千里さん(48)は「お菓子作りはみずきのコミュニケーション手段。かわいいお菓子は優しい性格を表しているのかな」と話す。

 「暗闇にいるよう」

 場面緘黙症の当事者や医師、研究者らでつくる「日本場面緘黙研究会」の事務局長で長野大の高木潤野教授(言語・コミュニケーション障害)らによると、場面緘黙症は不安症の一種で、近年の研究では小学生500人に1人程度の割合で発症していると考えられている。

 専門家と保護者らによる支援団体「かんもくネット」の担当者も「自分の意思で『話さない』のではなく、『話せない』。症状を知る人はまだ少なく、性格の問題であると誤解されることも多い」と説明する。

 今でこそみずきさんの夢をサポートしている千里さんだが、その道のりは平坦(へいたん)ではなかった。「苦労の連続で、暗闇にいるようだった」と振り返る。

 幼児期から双子の兄や姉など家族とは普通に話せていたものの、家族以外とは話せなかったみずきさんは、6歳のころに場面緘黙症と診断された。

 極度の不安から声が出ず、体も思うように動かない。自宅以外では字を書くことも歩くこともできず、介助を受けながら小学校に通った。「どうして動けないの」と尋ねても、返事は「分からない」。目に涙をためることも多かったという。将来この子はどうなるんだろう-。家族は不安な日々を送っていた。

 世界一のパティシエに

 小学4年のときには不登校になった。それをきっかけにスマートフォンを使い始め、お菓子作りに出会った。インターネットでレシピを調べてケーキを作ることが日常となり、何かに夢中になる楽しさを知った。再び学校にも行けるようになった。

 独学でお菓子作りの腕を上げ、「自分の店を持ちたい」との夢が生まれた。小学6年だった一昨年、クラウドファンディング(CF)で資金を募ったところ、全国から目標を超える支援が寄せられ、昨年1月に店をオープン。小学校の卒業文集には《夢はパティシエになること》《みいちゃんのお菓子工房でみんなに笑顔を届けます》とつづった。

 みずきさんの世界は、スマホで広がった。ケーキの写真などを投稿している写真共有アプリ「インスタグラム」のフォロワーは約5千人。インターネット上では知らない人と交流することもでき、寄せられたメッセージにはみずきさん自身がコメントを返す。料理人らが投稿する食の会員制交流サイト(SNS)「Foodion(フージョン)」では、スイーツ・菓子部門の人気ランキングで1位になった。同じような症状を持つ子供たちから「私もお菓子を作りたい」と手紙が寄せられるようにもなった。

 「人前で固まることはマイナスイメージかもしれない。でも、あの状態のみずきがいるから、ほかにできることがいっぱいあるんだと気付かされた」と千里さん。「いつか家族以外の人とも一緒にお店に立てるようになり、自立してお店がずっと続けばうれしいですね」と目を細める。

 現在は養護学校中学部2年。生きがいを見つけたことで人生が変わり、中学部を卒業したら、より本格的に平日もお店を開く予定だ。人々を笑顔にするお菓子を作るため、今日も工房に立ち続ける。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus