話題・その他

「ゴルゴ13」201巻発売 巻数“世界一”の記録を更新

 劇画家、さいとう・たかをさん(84)の劇画「ゴルゴ13」の単行本201巻が5日、リイド社から刊行された。「最も発行巻数が多い単一漫画シリーズ」のギネス世界記録を持つ秋本治さん(68)の漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」(集英社、全200巻)を巻数で超え、“世界一”の記録を更新した。

 さいとうさんは「気が付けば201巻、ただただ読者の皆さまには感謝の気持ちでいっぱいです」と喜びのコメントを寄せた。

 「ゴルゴ13」は、国籍不明のA級スナイパー・デューク東郷の活躍を描いた作品。昭和43年から青年漫画誌「ビッグコミック」(小学館)で連載され、半世紀以上の歴史を持つ。累計発行部数は3億部を超える。

 201巻の副題は「最終通貨の攻防」で、暗号資産(仮想通貨)をめぐる物語などを収録。16日発売のビッグコミック8月増刊号では、同作史上初となるスピンオフ作品も始まる。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus