テクノロジー

医療ベンチャー、がん検診革新 尿判定やAI活用「ウィズコロナ」に対応 (1/2ページ)

 学術研究の成果などを事業化した大学発ベンチャー企業が、がんの早期発見や検診負担を軽減する新技術を相次いで提案し注目を集めている。尿からがんのリスクを判定したり、人工知能(AI)が診断を支援するなどの高効率の検診手法だ。新型コロナウイルス流行に伴う在宅勤務や職域検診の延期などでこれまでのような健康管理がままならない中、ベンチャー企業による検診手法の革新は「ウィズコロナ時代」のがん対策として定着していく可能性もある。

 外出せず「1次検査」

 「サービス開始が新型コロナウイルスの大流行と重なり、検査の申し込みや問い合わせが殺到した」。こう話すのは九州大学発ベンチャー、HIROTSUバイオサイエンス(東京都千代田区)の広津崇亮社長だ。

 同社は、尿に含まれるがん特有のにおいを線虫がかぎ分けることでがんの発症リスクを判定する検査サービスを事業化。令和2年1月から医療機関向けに提供していたが、今年2月に専用キットを使って自宅で検査できる新サービス(1万2500円から)を始め、コロナ禍で大きな反響を呼んでいる。

 一度の検査で胃がんや大腸がんなど15種類に対応し、「ステージ0」「同1」の早期がんも判定できるという。

 当初は手作業で検体を調べ、検査員1人当たり年間1000人程度しか対応できなかったが、新たに大和酸素工業(松山市)と共同で線虫の自動解析装置を開発。検査処理能力を50倍に引き上げた。

 外出自粛で検診をためらう人も念頭に、広津社長は「1次検査として使ってもらい、その結果を受けて医療機関で受診することで、命を落とす人が一人でも少なくなってほしい」と新サービスの利用を促す。

 東京大学発医療機器ベンチャーのリリーメドテック(東京都文京区)は、乳がんの検診時に女性を苦しめていた痛みから解放する新装置を開発し、5月から受注を開始した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus