サービス

持ち帰りと宅配専門 餃子の王将が1号店 世田谷に先月下旬

 王将フードサービス(京都市)は、持ち帰りと宅配専門の「餃子の王将 ジョイ・ナーホ」の第1号店を世田谷区に開設した。新型コロナウイルス流行で時短営業など店舗運営の制約が続く中、需要増が期待できる自宅向けを強化するのが狙い。

 第1号店は6月下旬に世田谷区池尻のビル1階で開業。ギョーザや揚げ物、麺類など通常の店舗と同じメニューを扱うほか、弁当などの品ぞろえを強化した。電子レンジ対応の容器で提供する。通常店舗の半分程度の床面積で開けるため、今後は都心部の住宅地で機動的に出店する考えだ。

 ジョイ・ナーホの名称は店舗で持ち帰りを意味する王将の社内用語「ナーホ」と、英語の「エンジョイ」の一部を組み合わせた。宅配は「ウーバーイーツ」「出前館」などの料理宅配サービスを活用する。

 広報担当者は「昼は会社員のランチ用、夕方からは近隣住民の晩ご飯用としての購入を見込んでいる」と話した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus