サービス

山梨県、グリーン水素でENEOSと連携 五輪・パラで利用

 山梨県は8日、石油元売り最大手のENEOS(エネオス)と、太陽光発電の電力で水を電気分解し、二酸化炭素を排出しない「グリーン水素」の分野で連携すると発表した。県が米倉山(こめくらやま)電力貯蔵技術研究サイト(甲府市)で生成した水素を、東京都内のエネオスの水素ステーションに運び、東京五輪・パラリンピックの大会用燃料電池車に供給する。

 県では先月から、県内のスーパーや工場に対して水素供給を始めており、県外出荷は今回が初。9月までに合計600立方メートルを供給する予定で、同日、技術研究サイトから、同事業では初めての水素コンテナが出荷された。

 長崎幸太郎知事は「将来的にグリーン水素生成のシステムを国内外で展開したいと考えているが、その水素が五輪・パラリンピックで使われることには象徴的な意味合いがある」と歓迎した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus