サービス

東北新幹線、深夜の臨時列車中止 宮城会場向け

 JR東日本は13日、東京五輪期間中、宮城スタジアム(宮城県利府町)の観客向けに予定していた東北新幹線の臨時列車の運転を取りやめると発表した。大会組織委員会の要請で仙台-東京、盛岡間で深夜に運行予定だったが、取り下げられたため。東北線など仙台駅を通る在来線の臨時列車は深夜も含め運行する。

 JR東によると、福島県営あづま球場(福島市)の競技開催日に計画していた日中の新幹線増発は実施する。無観客が決まったが、4連休に伴う需要があると判断した。

 京葉線や横浜線など、首都圏の競技会場の最寄り路線で設定していた日中の臨時列車は、無観客開催を受けて全て取りやめる。自転車マウンテンバイクは有観客のため、東海道線・伊東線の小田原-伊東間の臨時列車は予定通り運転する。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus