自動車

トヨタ、国内での五輪CM見送り 「色んな事が理解されない五輪になりつつある」

 東京五輪・パラリンピックの最高位スポンサーのトヨタ自動車は19日、五輪に関するテレビCMを国内では見送る方針を明らかにした。企業イメージの低下につながると判断した可能性がある。広報担当の長田准執行役員がオンラインで報道陣の取材に応じた。

 販売促進向けではなく、アスリートの精神などを伝える内容のCMを用意していたが、取りやめることにした。

 長田氏はこれまでの五輪を巡る経緯を踏まえ「いろんなことが理解されない五輪になりつつある」と指摘。「徹底的にアスリートを支援し、大会関係車両などで貢献したい」と強調した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus