サービス

デルタ、アメリカンが黒字転換 米で航空需要回復

 アメリカン航空グループなど米航空大手3社の2021年4~6月期決算が22日、出そろった。新型コロナウイルスワクチンの接種進展で旅客需要が急回復。デルタ航空とアメリカンは最終損益がコロナ流行後初の黒字に転換した。ユナイテッド航空ホールディングスも赤字幅が大幅に縮小した。

 デルタは6億5200万ドル(約720億円)の黒字を確保。バスティアン最高経営責任者(CEO)は「米国内のレジャー需要は(コロナ前の)19年の同じ時期を上回った」と指摘した。前年同期は57億1700万ドルの赤字だった。

 アメリカンは前年同期の20億6700万ドルの赤字から1900万ドルの黒字に転換した。

 ユナイテッドは4億3400万ドルの赤字(前年同期は16億2700万ドルの赤字)だった。国際線や出張需要が予想より早く回復しているとして、7~9月期には黒字化するとの見通しを示した。(共同)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus