サービス

阪急、駅ナカ「アズナス」からローソンへの転換1号店が開業

 阪急電鉄の駅ナカなどにあるコンビニ「アズナス」を「ローソン」に転換した1号店の開業記念式典が26日、阪急の大阪梅田駅(大阪市北区)に直結する複合ビルで開かれた。1号店は「アズナス梅田阪急ビル店」から「ローソンHA梅田阪急ビル店」に名称を変更した。

 記念式典にはローソンの竹増貞信社長と、アズナスを展開するエイチ・ツー・オー(H2O)リテイリングの荒木直也社長が出席。1号店は梅田阪急ビルオフィスタワーに入居し、主に会社員の利用を見込む。

 ローソンとH2Oは6月に包括業務提携したと発表。提携内容はH2Oが阪急電鉄や阪神電鉄の駅構内などで運営するアズナスのローソンへの転換が軸となっている。約100店舗あるアズナスは令和3年度中にローソンへと置き換わる予定だ。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus