自動車

NY自動車ショー中止 コロナ再拡大で断念

 ニューヨーク国際自動車ショーの主催者は4日、今年の開催を中止すると発表した。ニューヨーク市中心部の大型展示施設で20日から一般公開する予定だったが、新型コロナウイルスのデルタ株による感染再拡大を受けて断念した。中止は2年連続。来年4月の開催を目指す。

 屋内試乗コースを含めた電気自動車(EV)の大規模な企画が目玉だった。中止はEVの普及を目指す業界にとって痛手だ。ホテルや飲食店も客数増の当てが外れ、地元経済への影響も大きい。

 市は3日、屋内施設の従業員や客にコロナワクチンの接種証明の提示を求めると発表。16日に始め、9月13日に義務化する。ショー主催者は「特にここ数日で状況が変化した」と説明し、規制強化の影響も示唆した。ショーは通常4月に開かれ、コロナ禍を理由に8月に延期していた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus