サービス

楽天、全国のスーパーが出店できる「ネットスーパー基盤」 ベイシアが契約第1号

 楽天グループは19日、全国のスーパーマーケット事業者が出店できるネットスーパーのプラットフォーム(サービス基盤)「楽天全国スーパー」を年内に始めると発表した。第1号として東日本を中心に展開するベイシア(前橋市)と契約を結んだ。

 楽天は、西友(東京)と運営する「楽天西友ネットスーパー」で得た知見を活用し、スーパー事業者に受注管理や決済のシステムを提供。事業者側は初期費用を抑え、ネットスーパーを始められる。楽天は売り上げに応じ、手数料を受け取る。

 消費者は、郵便番号を入力して居住地域への配送に対応するネットスーパーを確認する。住所などを登録した楽天IDで買い物をすれば「楽天ポイント」をためたり使ったりできる。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus