メーカー

太陽光発電をゼロ円で設置、電力各社がサービス拡大

 太陽光発電設備や蓄電池を初期費用ゼロで設置し、発電した電気を家庭などで使えるサービスを、大手電力各社が続々と始めている。10~15年程度の長期契約となるため、新電力との価格競争にさらされる大手電力にとっては顧客を囲い込む一手として期待される。

 客側は初期投資なしで環境に優しい電気を使え、停電時に電源として利用できるメリットもある。電力会社に使用量に応じて電気料金を支払い、契約期間中は電力会社が設備を所有しメンテナンスを行う。契約終了後に顧客に設備を無償譲渡するプランもある。

 北陸電力は、一戸建て住宅向けに太陽光発電を初期費用ゼロで導入できるサービスを7月に開始した。10年間の契約で月8000円の利用料と電気料金を支払うと、終了後に設備が譲渡される。沖縄電力は屋根の平らなコンクリート造りの住宅を対象に、無償で発電設備と蓄電池を設置している。

 東京電力エナジーパートナーも、蓄電池や給湯器を組み合わせ初期費用ゼロ、毎月定額の「サブスクリプション型」の料金プランを秋にも発表予定だ。秋本展秀社長は「家の中で脱炭素を実現する新しい電化だ」と話している。

 法人向けでは、中部電力ミライズが工場や店舗などの大型駐車場向けに、カーポート一体型の設備を初期費用なしで設置するサービスを始めた。企業は二酸化炭素(CO2)排出量を削減でき、非常用電源としても使用できる。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus