話題・その他

iPhone13発売 カメラ、充電性能向上

 米アップルは24日、スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の新型「13」シリーズの4機種を発売した。新型機はカメラ性能を高め、充電池の駆動時間を改善させた。日本の通信事業者はNTTドコモや楽天モバイルなど4社が扱う。画面サイズ6・1インチの「13」の最低価格は、アップル直販で9万8800円。

 同日朝、東京都千代田区の直営店「アップル丸の内」では、事前に購入を済ませた客10人ほどが受け取りのため列を作る姿がみられた。

 新型コロナウイルス感染予防のため、昨年の12シリーズ発売時に続き、アイフォーン発売日の直営店で恒例だった店員と来店客のハイタッチを禁止。代わりに、発売の瞬間まで新型のシリーズ番号にちなむ「13」秒前からカウントダウンをして盛り上げた。

 同店で高級モデル「13プロマックス」を受け取った動画撮影が趣味という千葉県市川市の大学生、高野竜乃介さん(26)は「放送にも耐えうるというカメラ機能が魅力。使うのが楽しみです」と笑顔で端末の起動画面を眺めていた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus