サービス

ウィズコロナ観光が本格化 ワクチン接種で特典付与

 緊急事態宣言の全面解除の決定を受け、経済正常化への動きが活発化する中、苦境に立たされていた旅行業界は、ワクチン接種済みの確認など新型コロナウイルス予防策と需要を喚起する「特典」を組み合わせる“ウィズコロナ観光”を本格化させる。接種証明を活用しながら行動規制の緩和を進める政府方針を先取りする形のサービス提供で、どこまで需要が戻るのか注目だ。

 「今回の宣言解除は一つの区切り。新しい状況下での観光事業が始まる」

 旅行大手の日本旅行の担当者はそう話す。同社は10月1日から2回のワクチン接種を終えた利用客向けに、個人旅行商品のWeb限定キャンペーンを始める。期間は12月26日出発分まで、先着1500室限定だ。

 未接種のメンバーがいても、グループで1人以上が接種済みであれば、1週間以内のPCR検査による陰性証明でも参加可能。特典として、予約した宿泊施設の部屋数につき3千円分の館内利用券が提供される。

 担当者によると、予約状況の反応は鈍いが、特典の館内利用券は宿泊施設内で消費されるため、「厳しい状況にある観光地の応援にもなる」という。

 エイチ・アイ・エスも1日から来年3月31日までに出発する添乗員付きツアーで、今月17日までに予約をしたワクチン接種者を対象に、1人当たり3千円の割引キャンペーンを始める。

 出発日が11月以降の場合は接種に加え、出発前24時間以内の抗原検査で陰性となる条件も加わる。状況は以前と比べれば良くなっているというが、出発日で参加条件が異なる複雑な設定などもあり、現時点で大幅な予約増にはつながっていないようだ。

 需要喚起の起爆剤として、政府の観光支援事業「Go To トラベル」の再開に期待する声は多い。だが、観光庁の担当者は「宣言が解除されたからと即座に再開とはならない。慎重にやらなければならず、新政権の方針も分からない」としており、見通しは立っていない。

 一方で、特典を設けなくても需要回復に手応えを感じている事業者もある。読売旅行(東京)は1日から添乗員同行のツアーを全国で解禁し、ワクチン接種を2回終えるか、PCR検査などで陰性だった人に参加者を限定。ウィズコロナの環境を前提に安心・安全を重視したプランが評価され、予約人数は前月比で約3倍に上る日もあるほど好調という。

 全ての宿泊者を接種終了者に限定するという宿泊施設もある。東京都新宿区の「UNPLAN(アンプラン) Shinjuku」は、ワクチン接種者のみが利用できるフロアを段階的に拡大中で、11月15日からは全館が2回接種を終えた人のみ利用可能とする。

 運営会社FIKA(フィーカ、東京)の担当者は、社内の協議でも賛否が分かれたことを明かすが、「試験や就職活動など東京に来て長期宿泊をせざるを得ない利用者が多い。未接種者への差別でなく、より『安全の確率』を上げたい」と話している。

 もっとも、ワクチン接種者に利用対象を絞ることは公平性を欠くとの指摘もある。JTBはツアー商品で参加を接種者に絞ったり、それに伴う特典を付与したりするのには慎重な姿勢だ。政府の行動規制緩和の指針などが定まるまで事業者は試行錯誤が続きそうだ。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus