サービス

東京都、「認証」受けた飲食店は全面解除へ 新型コロナ対策、21日にも公表か

 新型コロナウイルス対策の「リバウンド防止措置期間」が終わる24日以降、東京都が感染防止対策を十分に実施していると認めた飲食店に限り、これまで出していた営業時間の短縮要請などを全面的に解除する方針を固めたことが19日、関係者への取材で分かった。午後8時までとしていた酒類提供の時間制限も撤廃する。小池百合子知事が21日に専門家の意見も聞いたうえで、公表する。

 9月末の緊急事態宣言解除後、都は感染再拡大を防ぐため段階的な緩和を続け、十分な感染防止対策を実施している「認証店」には午後8時までの酒類提供と午後9時までの時短営業を要請していた。都内の感染者は減少傾向にあり、18日には今年最も少ない29人になった。社会経済活動との両立の観点から、認証店に限って全面的な解除を決めた。

 また、1グループ4人以内とする人数の制限については、引き続き維持するかどうかを含めて検討している。

 一方、非認証店には現在酒類の提供自粛と午後8時までの時短営業を求めている。これも同様に緩和する方針で、最終的な調整を続けている。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus