IT

FB、欧州で今後5年間に1万人雇用 仮想現実「メタバース」構築

 米フェイスブック(FB)は18日までに、欧州連合(EU)域内で今後5年間に1万人の高度な技術を持つ人材を雇用すると発表した。別の場所にいる人が実際に同じ場所にいるような感覚で交流することができる仮想現実空間「メタバース」の開発を加速するために人材を確保する。

 EUでは巨大IT企業に対する規制の動きが強まっており、FBもプライバシー保護などを巡り当局と対立してきた。EUに雇用面での貢献をアピールする狙いもありそうだ。FBは声明でEUは大きな市場や一流の大学、質の高い人材を抱えていると称賛し「フェイスブックにとって非常に重要だ」と述べた。

 メタバースは3Dコンピューターグラフィックスや仮想現実(VR)、拡張現実(AR)などの技術を応用して構築される仮想空間。ゲーム会社も構築を目指しているが、FBは仮想会議室の「ホライゾン・ワークルーム」を公開するなどサービス提供で先行しており、技術者を大量に雇用する考えだ。(共同)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus