サービス

山手線内回り 23、24日は「池袋-大崎」間で終日運休

 JR東日本は渋谷駅の山手線内回りホーム拡幅工事に伴い、23日始発から24日終電までの丸2日間、渋谷を挟む内回りの池袋-大崎間を運休する。他社線への振り替え輸送などの利用を呼び掛けている。25日の始発からは平常通り運転する予定で、計54万人に影響する見込み。

 JR東によると、内回りの線路を移動させホームの幅を約5メートル広げる。線路切り替え工事に伴う山手線の運転見合わせとしては同社発足後最長。

 期間中、内回りは大崎-東京-池袋間のみ運行。本数を約3割に減らし、日中は約10分に1本の間隔で運転する。外回りの運休区間はないが、大崎-渋谷-池袋間で本数を約6割にする。

 対策として、池袋や新宿、渋谷、恵比寿、大崎に停車する埼京線・りんかい線の赤羽-新木場間を増発するほか、貨物線を使って新宿-品川間で渋谷、恵比寿に止まる臨時列車を走らせる。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus