サービス

40年超美浜原発が運転停止 テロ対策施設未完成

 関西電力は23日、運転開始から44年を超え6月に再稼働した美浜原発3号機(福井県美浜町)の原子炉を停止させた。テロ対策のための「特定重大事故等対処施設」(特重施設)の設置が期限の今月25日に間に合わないため。定期検査に入り、来年9月ごろの施設完成と10月中旬の運転再開を目指す。

 美浜3号機は今年6月23日、原子炉を約10年ぶりに起動し、東京電力福島第1原発事故後、原発の運転期間を「原則40年、最長で延長20年」とするルール下で初めて再稼働したが、4カ月での停止となった。

 運転停止に先立ち福井県の杉本達治知事は10月21日の記者会見で「安全運転が県民や全国の安心につながる。事業者には引き続き安全第一を心掛けてほしい」と述べた。

 同機を巡っては、杉本知事が4月、同じく運転開始40年超の高浜原発1、2号機(高浜町)とともに再稼働に同意した。高浜1、2号機は特重施設の設置が間に合わないことなどから早期の再稼働は断念。関電は令和5年5月ごろの施設完成、同6~7月の再稼働を計画している。

 特重施設は航空機の衝突などテロ攻撃を受けた際に重大事故となるのを防ぐため、新規制基準で設置が義務付けられた。

 福井県によると、特重施設が完成せず運転を停止するのは、関電では高浜原発4号機に続き2例目。全国では他に九州電力川内原発1、2号機(鹿児島県)が停止した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus