メーカー

マツダがCX-5大幅改良 主力SUV、12月発売

 マツダは8日、主力のスポーツ用多目的車(SUV)「CX-5」を大幅改良し、予約受け付けを始めた。衝撃を吸収する構造を車体に採用するなどして、運転手が疲れにくくした。荷室の形状も工夫し、荷物を出し入れしやすい。国内で12月上旬に発売する。希望小売価格は267万8500円~407万5500円。目標販売台数は明らかにしていない。

 特別仕様車として、荷室に防水素材を使った「フィールドジャーニー」、内外装に黒色を配した「スポーツアピアランス」の2種類を追加した。CX-5はマツダの令和2年世界販売の29%を占める基幹車種で、大幅改良を通じて販売攻勢を強める。米国には今冬、欧州には来年初めに投入する。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus