自動車

「10年前に420万円だった中古車が2000万円超」国産スポーツカーの異常な高騰のワケ (1/2ページ)

 20~30年前に発売された国産スポーツカーの中古価格が高騰している。モータージャーナリストの清水草一さんは「スカイラインGT-Rの場合、10年ほど前まで『走行2.5万キロで420万円』といった価格だったが、いまは2000万円以上する。一部のマニアックな国産スポーツカーの人気が過熱している」という--。

 ■新車時約340万円のマツダ車が、1280万円になっている

 友人に、いわゆる「FD」と呼ばれる、マツダの3代目RX-7を所有している男がいる。

 彼は20年前、それを新車で買った。グレードは特別仕様車である「タイプRバサースト」。新車価格は339万8000円であった。

 彼がFDを買ったことは、当時から聞いていたが、個人的には「ふーん」程度にしか思わなかった。あの頃FDは、登場から10年を経ながら、フルモデルチェンジすることもできずにいた不人気車。

 スポーツカー自体の人気が長期低落していたし、マツダの魂と言われるロータリーエンジンも、燃費の悪さや耐久性の低さゆえに、存続が危ぶまれていた。

 しかし、その価格が、ここに来てすさまじい高騰を見せている。国内で流通している中古車の最高価格は、執筆時点で1280万円に達している。

 FDのようなマニアックな国産スポーツカーは、いま国内でも海外でも大人気で、価格が暴騰しているのである。

 ■10年で中古車価格が5倍になった

 国産スポーツカー暴騰の中心的存在は、日産スカイラインGT-Rシリーズだ。

 例えば、89年に発表された復活初代スカイラインGT-R、いわゆる「32(さんにー)型スカイラインGT-R」を例に取ると、現在の中古価格は最低400万円台。最高約2000万円となっている。

 知り合いに、この32GT-Rのオーナーがいる。彼の話を聞くと、ぼうぜんとする。

 「僕が32を買ったのは、ちょうど10年前です。走行7.5万キロで、120万円でした。あの頃は80万円くらいの中古車もあったんですよ」

 それが今では、平均約600万円。いったい何が起きているのか。

 ■世界的にレアなスポーツカーに金が流れている

 まず考えられるのは、全世界を襲ったリーマンショック不況からの脱却がある。各国の中央銀行はマネーサプライを急激に拡大させ、世界的なカネ余り現象が生じた。これによって、ユニークでレアなスポーツカーは、おしなべて高騰した。

 私は12年前、598万円でフェラーリ328GTSを購入した。1年半乗って売却し一昨年再び同じモデルを購入したが、価格は1180万円と約2倍になっていた。

 10年前に1500万円でランボルギーニ・カウンタック・アニバーサリーを購入し半年間だけ所有していた。昨年再び同じモデルを購入したところ、倍の3000万円に値上がりしていた。

 よりレアなモデルは、さらに上昇幅が大きい。「走る不動産」と呼ばれ1311台しか生産されなかったフェラーリF40は、10年前の4000万円から、現在は1億5000万円前後になっているという。

 ただ、国産スポーツカーは、これら海外車と比べるとそれほどレアではない。

 例えば32GT-Rは、通算で約4万3000台も生産された。フェラーリF40の生産台数とは比較にならないほど多い。にもかかわらず、価格上昇率は同じくらい大きい。なぜか。

 ■日産スカイラインGT-Rの認知度を上げた映画とゲーム

 人気に火がついたのには大きく2つの理由がある。

 ひとつは、映画「ワイルドスピード」シリーズの存在がある。その第1作(01年公開)は、アメリカで“ライスロケット”と呼ばれていた日本製スポーツカーが主役。第2作以降も、日本製スポーツカーへのリスペクトは続いている。

 もうひとつは、プレイステーションのドライビングシミュレーターゲーム「グランツーリスモ」シリーズだ。97年に誕生したこのゲームは、現在もバージョンアップを続け、全世界で大ヒットしているが、日本製ゲームゆえ、第1作は日本製スポーツカーがラインアップの中心だった。スカイラインGT-Rはゲーム内で最強最速であり、実物を知らない全世界のファンに、その存在を知らしめた。

 90年代の現役当時、国内専用モデルだったスカイラインGT-Rはもちろんのこと、輸出されていたマツダRX-7やトヨタスープラといったスポーツカーも、海外では決してそれほどメジャーな存在ではなかった。

 それが映画やゲームでクローズアップされ、そもそも希少であったことから奪い合いが始まった。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus