自動車

マツダ4万2644台リコール 「デミオ」など

 マツダは12日、燃料装置に問題があるとして「デミオ」「アクセラ」や、アバルトブランドで販売する「Abarth 124 Spider」など9車種計4万2644台(平成30年4月~令和元年8月生産)をリコールすると国土交通省に届け出た。

 国交省によると、低圧燃料ポンプの樹脂製羽根車を成形する際の条件が不適切で、変形してポンプが作動不良になり、走行中にエンストする恐れがある。不具合の報告が34件あった。

 海外で販売した48万7320台も各国の法令に従い交換を進める。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus