グーグルマップ改竄被害 皇居内に「オウム真理教皇居支部道場」

2015.4.20 22:05

皇居内の施設に「オウム真理教皇居支部道場」とでたらめな名称が書き込まれていた「グーグルマップ」の画面((c)Google)

皇居内の施設に「オウム真理教皇居支部道場」とでたらめな名称が書き込まれていた「グーグルマップ」の画面((c)Google)【拡大】

  • 「グーグルマップ」の画面上で「サティアン」とでたらめな名称が書き込まれていた出雲大社の施設((c)Google)

 インターネット検索大手の「グーグル」が提供する地図サービス「グーグルマップ」の表記が一時、改竄(かいざん)されていたことが20日、分かった。すでに修正されている。

 被害は20日夕に確認され、皇居や警視庁の地図上の建物名称の表記が改竄されていた。皇居内の建物に「オウム真理教皇居支部道場」と表示されたり、警視庁本部には「恒心教警視庁サティアン」と表示される状態になっていた。

 大阪城や兵庫県姫路市の姫路城、島根県出雲市の出雲大社でも、マップ上で「サティアン」と表示されている施設が確認された。グーグルは、悪質ないたずらとみて順次削除している。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。