首都高で警察護送車など4台絡む事故 留置人など約20人けが 護送車が追突か

2015.7.10 10:10

首都高の宝町出入り口付近で起きた車両事故。中央の警察護送車両の前部がつぶれている=10日午前、東京都中央区(宮崎瑞穂撮影)

首都高の宝町出入り口付近で起きた車両事故。中央の警察護送車両の前部がつぶれている=10日午前、東京都中央区(宮崎瑞穂撮影)【拡大】

  • 複数の車両が絡む事故のあった首都高速道路の現場=10日午前10時過ぎ、東京都中央区(栗橋隆悦撮影)
  • 首都高の宝町出入り口付近で起きた車両事故=10日午前、東京都中央区(宮崎瑞穂撮影)
  • 首都高の宝町出入り口付近で起きた車両事故=10日午前、東京都中央区(宮崎瑞穂撮影)
  • 複数の車両が絡む事故のあった首都高速道路の現場=10日午前10時過ぎ、東京都中央区(栗橋隆悦撮影)

 10日午前9時ごろ、東京都中央区兜町の首都高速都心環状線外回り宝町出入口付近で、車両4台が絡む事故があり、約20人がけがをした。いずれも軽傷とみられる。警視庁によると、護送車が前を走っていた車両に追突したとみられ、詳しい事故原因を調べている。

 護送車には10~60代の男性留置人16人が乗っており、いずれもけがをした。運転していた同庁留置管理2課の男性巡査長(34)ら4人の警察官もけがをしており、病院に搬送している。護送車は留置人らに検察官調べを受けさせるため、葛西署、小松川署、小岩署を巡回した後、東京地検に向かうところだった。

 留置管理2課は「再発防止のため職員の指導を徹底する」としている。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。