大同特殊鋼など書類送検 鉄鋼スラグ不正処理の疑い

2016.4.26 12:14

 鉄鋼メーカー大同特殊鋼(名古屋市)が渋川工場(群馬県渋川市)から出た有害物質を含む廃棄物「鉄鋼スラグ」を不正に処理したとして、群馬県警は26日、廃棄物処理法違反の疑いで同社と子会社など計3社と、各社の役員を書類送検した。

 大同特殊鋼の書類送検容疑は平成23年3月~12年3月、県の許可を受けていない子会社や業者と鉄鋼スラグを取引したとしている。

 県によると、鉄鋼スラグは鉄鋼の製造過程で出る副産物。26年1月に群馬県が立ち入り検査を行うまでに計約29万トンが処理された。同県では公共工事225カ所で道路の舗装などに同社のスラグが使われ、うち93カ所で環境基準を上回る有害物質が検出された。

 県警は県からの刑事告発を受けて昨年9月、同社や子会社を家宅捜索していた。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。