水銀規制の水俣条約、発効 体温計や電池、製造禁止へ

 水銀による環境汚染や健康被害の防止を目指す「水銀に関する水俣条約」が16日、発効する。鉱山での水銀産出から輸出入を経て使用、廃棄まで、すべての過程を国際的に規制する取り組みが始まる。

 条約は前文で、水俣病の教訓と、同様の被害を将来発生させないことに言及している。水銀を含む体温計や電池などの製造、輸出入を平成32年までに原則禁止し、水銀の大気や水、土壌への排出削減や適切な保管と廃棄を定めている。

 9月下旬には、スイス・ジュネーブで第1回締約国会議を開催。確実な実施に向け、締約国の水銀にまつわる各種データの報告方法などについて議論する。水俣病患者らも現地を訪れ、被害の現状を訴える予定。

 水銀は環境に排出されると分解されずに循環し、人間への毒性が強い。先進国では使用量が減っているが、途上国では金の採掘や触媒などとして使われ続けている。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。