債権者集会も異例ずくめの「はれのひ」 トップが今度は海外に雲隠れ? (1/2ページ)

 破産開始決定を受けた「はれのひ」(横浜市、篠崎洋一郎社長)の債権者集会が6月20日、横浜市内で開かれた。成人式を台無しにされた新成人や親族、取引業者など約70人が参加した。(東京商工リサーチ特別レポート)

◆資産の70倍近い負債抱え

 会場には多くのマスコミが駆けつけ、事件から半年を過ぎても関心の高さをみせつけた。横浜地裁から破産開始決定を受けた1月26日の会見を最後に、公の場に姿を見せていない“主役”の篠崎社長は欠席した。債権者からは篠崎社長の無責任な態度に憤りの声が多く聞かれた。

 負債は10億8500万円に対し、資産は1620万円にとどまる。滞納税金、未払い給与などの優先債権1億400万円だけでも資産を上回る。

多くの報道陣が詰めかけた「はれのひ」の債権者集会会場=20日

多くの報道陣が詰めかけた「はれのひ」の債権者集会会場=20日

 破産管財人の増田尚弁護士は、「店舗で保管されていた着物の返還はほぼ終わったが、会社の資産が乏しく、債権者への配当は難しい」と見通しを語った。

 来年以降のレンタル契約者については、購入者を特定できない着物などを買い取った「装いの道」(東京都千代田区)が契約者に無料で貸し出す方針という。

 被害者の一人は東京商工リサーチ(TSR)の取材に対し、「付属品の返却はないが、着物は戻ってきた。今さらこれ以上は望まない」とあきらめたように話した。

あの不祥事の社長ですら…