日台スカラシップ14人表彰 大賞の橋本さん「文化交流に貢献したい」


【拡大】

 日本と台湾の若い世代の相互理解促進を目的とした「第16回日台文化交流 青少年スカラシップ」(主催・産経新聞社、フジサンケイビジネスアイ、共催・台北駐日経済文化代表処)の表彰式が19日、東京都千代田区のサンケイプラザで行われた。14人が受賞した。「コンテンポラリー界を先駆ける台湾」と題した作文で大賞に輝いた文教大付属高校3年の橋本真那さんには、台北駐日経済文化代表処の謝長廷代表から表彰状が贈られた。

 謝代表は、受賞者を招待する5泊6日の台湾研修旅行を通じ、「同世代の人と交流し沢山の台湾の友達をつくってください。日本と台湾の友好の懸け橋となることを期待しています」と激励した。受賞者を代表してあいさつをした橋本さんは「仲間とともに台湾への知識や理解を深め、日台の文化交流に貢献したい」と抱負を述べた。