宮城県の新PR動画、村井知事が大門刑事役 「みやぎ湯渡(ゆわたり)軍団」

動画でお届け
宮城県の冬の観光キャンペーン発表会に臨む(左から)ゆうたろうさん、宮城県の村井嘉浩知事、舘ひろしさん=11月30日、東京・西新宿の京王プラザホテル(菊本和人撮影)

 宮城県の冬の観光キャンペーン発表会が東京・西新宿のホテルで開かれ、人気ドラマ「西部警察」の世界観を取り入れた新しいPR動画がお披露目された。タレントの壇蜜さんを起用して7月に公開したPR動画は、性的な表現と受け止められかねないと波紋を広げたが、自ら出演した村井嘉浩知事は「今回は(西部警察の)硬派なイメージで作った」と自信を見せた。

 新動画のタイトルは「みやぎ湯渡(ゆわたり)軍団」。東日本大震災の際に炊き出し支援などをした縁で、石原プロモーションが全面協力した。大門(渡哲也さん)率いる「大門軍団」にならい、村井知事が団長を演じ、鳴子温泉、秋保(あきう)温泉から名をとった「ナルコ刑事」「アキウ刑事」らが名湯の秘密を捜査するという仕立てだ。「ボス」は石原裕次郎の物まねで知られるゆうたろうさんが演じた。

 発表会には「西部警察」に出演していた俳優、舘ひろしさんも登場。サングラスに革グローブ姿で、大門が乗っていた車「スーパーZ」から降り立った村井知事を「渡より似合っています」と持ち上げ、「私も(動画に)出演したかった」と残念がった。

 報道陣から「(壇蜜さん起用の)前回の動画の反省を踏まえたと思うが」と質問された村井知事。「前回は決して失敗したと思っていないが、批判もあった」とし、「そういったことがないよう、西部警察のイメージをそのままコンセプトにして作った」と強調した。