富裕層への近道は「みっともなく生きる」 脱サラ失敗、夜逃げ、億の借金… (3/9ページ)

2015.10.24 17:16

 なぜ、出世街道を外れた人が富裕層になるか

 さて、前回は、年収が上がるというのは単に収入が増加したというだけではなく、その社会的な帰属集団や自分のアイデンティティが変わってしまうから「単純な倹約」では「谷に落ちる」という悲劇は回避しにくいという話をいたしました。

 じゃあ、どういった人が貯蓄しやすいかというと、「会社では決して本流の出世街道とはいえない人や公務員の人」などのように、年収が上がることはあまり見込めないにしても、倹約をすると決めこんだ場合に、その節約が帰属集団や自分のアイデンティティに与える影響の比較的軽微な人です。

 公務員のような堅実な仕事をする人だけではありません。

 本業の傍ら、不動産投資を始め、それに成功することで財をなす人々もいます。私の知るそうした蓄財に成功した人々は、現在は裕福ですが、過去はみな山あり谷あり。例えば……。

 ・脱サラしてコンビ二経営をするが失敗して廃業

 ・勤務先の会社が倒産

 ・ハローワークに行くが中卒で仕事がみつからなかった3人の子の母

 ・夜逃げ、離婚、自己破産したタクシー運転手

 ・25歳フリーターで億の借金を背負う

ことごとく本流から外れている

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。