拡散…削除しきれない有害情報 児童ポルノなど9割超が国外サイトに掲載 (2/4ページ)

2015.11.15 08:23

児童ポルノは96%、リベンジポルノは71%の国外サイト削除率を達成

児童ポルノは96%、リベンジポルノは71%の国外サイト削除率を達成【拡大】

  • 違法・有害情報対策の実績を説明するセーファーインターネット協会の吉川徳明事務局長(右)

 分野別では、児童ポルノが全体で1237件あり、このうち国内162件、海外1075件の削除依頼を行い、国内で92%、国外で96%の削除率を達成した。個人に及ぶ被害の大きいリベンジポルノについても、462件の削除依頼のうち国内が144件、海外が318件あって、国外の削除率は81%、海外の削除率も71%に及んだ。

 いずれも高い水準だが、それでも海外では3割近くが残ってしまっていることは、当事者にとって不安が残る部分。同協会ではこうしたリベンジポルノについて、幾つかの相談例を紹介した。ある相談では、98のサイトに当該の情報が掲載されているのを見つけ、すべてに削除依頼を出し、削除もすべてについて行われたが、別の相談では、89サイトを見つけ83に削除依頼を出したものの、49サイトしか削除されなかった。

 個別の案件について、どういうやりとりがあったかは明らかにしていないが、拡散されればされるほど、対応にもバラつきが生まれやすい。

「相談が遅れれば、削除対象サイトが100近くにいくので、対応にも時間がかかる」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。