中国人が次も「爆買い」を楽しむとは限らない 世界遺産・熊野古道の戦略 (2/5ページ)

2015.12.29 17:14

熊野古道を訪れる外国人観光客(田辺市熊野ツーリズムビューロー提供)

熊野古道を訪れる外国人観光客(田辺市熊野ツーリズムビューロー提供)【拡大】

  • 外国人観光客が増えている熊野古道。平成26年5月には、同じ巡礼路の世界遺産があるスペイン・ガリシア州の首相(左から2人目)らが視察に訪れた=和歌山県田辺市
  • 英語併記の看板設置について検討するTBの関係者ら=田辺市
  • 熊野古道を訪れる外国人観光客(田辺市熊野ツーリズムビューロー提供)

 それは爆買いの中国人も同じ。観光庁の昨年の訪日外国人動向調査によると、中国人のうち約9割が日本にきてショッピングをしたと答えた。しかし、次回の訪日でしたいことを聞くと、ショッピングは約5割にとどまり、代わって「日本の歴史・伝統文化体験」や「四季の体感」が増えた。同庁の担当者は「一度爆買いをした中国人は、次に来たときにもショッピングを楽しむとは限らない」とみる。

 PRの成果で数字も好調

 そんな外国人を熊野古道に呼び込み、一時的なブームに踊らされない「持続可能な観光地」にしようと取り組むのが、和歌山県田辺市の「市熊野ツーリズムビューロー(TB)」だ。約10年前、市町村合併に伴い5つの観光協会を統合して設立。5年前には観光のPRだけでなく、ツアー商品なども企画する第2種旅行業の資格を取得、観光資源を生かした地域づくりを推進する組織(DMO)となった。

 ターゲットにしているのは、以前から目立った欧米豪からの観光客だ。TBでは外国人を登用して英語併記の看板を整備し、同じ「道の世界遺産」であるスペインの「サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路」と共同のPRを進めるなどした。欧米豪からの観光客をもてなすオリジナルツアーも企画している。

取り組みは成果をあげ、ツアーの取扱件数は年々上昇

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。