「これはイジメではないからね…」 部下をいじる上司ほど出世するワケ (4/4ページ)

2016.10.2 07:09

 本来、上司は、管理職手当を受け取っているのだから、それにふさわしい行動をとるべきである。それができないならば、非管理職に戻るべきだ。ところが、日本企業の人事制度は、職能資格制度であることもあり、降格がほとんどない。いったん、管理職になると、よほどのことがない限り、定年まで管理職のままとなる。結局、部下の育成力がなくとも、「自分はそこそこに優秀」と思い込み、部下へ指導らしきことをする。それができないと、自分の力を誇示しようとして、その部下をいじる。このあたりは、もっと問題視されていいところなのではないだろうか。少なくとも、非管理職への降格を増やすようにはするべきである。

文/吉田典史

 ジャーナリスト。主に経営・社会分野で記事や本を書く。近著に「会社で落ちこぼれる人の口ぐせ 抜群に出世する人の口ぐせ」(KADOKAWA/中経出版)。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。