会社員妻との生涯収入差は1億3500万円でも「働きたくない病」の妻たち (2/6ページ)

2017.1.14 16:06


【拡大】

働くことは生活の糧であり、人生の糧である

 我が家は、夫が会社経営者で、家事も育児も一切、非協力的。私が仕事をすることに関しては「別にあなたが働かなくてもおカネに困らないでしょ」というタイプ。頼りになる祖父母なども近所に住んでおらず、夫から「子どもが3歳になるまで保育園は禁止」と念押しされていたので、子どもが小さい頃は本当に大変だった、ような気がする。

 その後、子供が5歳のときに乳がんに罹患した。

 それでも仕事を辞めるという選択肢は一切なかった。私にとって、働くということは「生活の糧」であるとともに、「人生の糧」でもあるからだ。

 今を思えば、細々でも、仕事を辞めなくて本当に良かった。経済的にも精神的にも、キャリア的にもさまざまな面において……。女性は、男性に比べて、現場(会社など)から離れている時間が長くなるほど、社会復帰が難しくなることを痛感するからである。

 3人の子供を持つA子さんは34歳の専業主婦。23歳で結婚し、その後、妊娠・出産。会社員の夫の収入は安定しているが、住宅ローン返済や子供の教育費などを考えると、末っ子が小学校にあがるタイミングで再就職しようと考えている。

 でも、子育て期間中の10年間、A子さんはまったく外で仕事をしていない。「社会に出るのが怖いんです」とA子さんは言う。

 「働くのは別にイヤではありません。でも、ずっと子育てしかしていないし、結婚前に働いていたときは、パソコンなどもなくて。これまで触ったことがありません」

働けるのに「働きたくない病」の妻たち6タイプ

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。