【視点】サマータイム導入、支持の目線で考えた 「働き方改革」として考えてはどうか (1/3ページ)

2020年の東京五輪・パラリンピックに向け建設中の新国立競技場。サマータイムは“切り札”となるのか=7月18日、東京都新宿区(桐原正道撮影)
2020年の東京五輪・パラリンピックに向け建設中の新国立競技場。サマータイムは“切り札”となるのか=7月18日、東京都新宿区(桐原正道撮影)【拡大】

 今年の夏はとにかく暑かった。気象庁によると、6~8月の平均気温は東日本(関東甲信、北陸、東海)で平年より1.7度高く、1946年の統計開始以降、最も高かった。西日本(近畿、中四国、九州)はプラス1.1度で史上2位だった。(産経新聞論説委員・鹿間孝一)

 大阪では最高気温が35度を超える猛暑日が7月に14日(平年2.9日)、8月には13日(同7.9日)。最低気温が25度以上の熱帯夜は7月に24日(同12.9日)、8月には26日(同19.8日)もあった。

 この暑さはもはや東南アジア並みである。大阪は相変わらずインバウンド(訪日外国人客)でにぎわっているが、インドネシアから来ていた家族連れは自分の国より暑いと言っていた。

 埼玉県熊谷市で観測史上最高気温を更新する41.1度を記録するなど、40度越えはもう珍しくない。気象庁は「命が危険」な暑さと表現したが、来年以降も猛暑は避けられないとみられ、何か対策が必要だ。

 日照時間が長い夏季に時計の針を進める「サマータイム」が浮上している。7月末から8月にかけて開催される2020年の東京五輪・パラリンピックの猛暑対策として、組織委員会の森喜朗会長が要請し、安倍晋三首相も自民党に検討を指示した。エアコンのフル稼働などで電力需給が逼迫する真夏の、省エネ効果も期待できる。

続きを読む