「ご近所限定SNS」人気の理由 子育て世代にヒット、自治体にも広がる輪 (1/4ページ)

 インターネットの登場で地球の裏側の情報を入手できる時代になった。しかし、世界のできごとを知っていても、案外、身近なことは知らない。こんなケースは多いのではないだろうか。情報過多の時代を反映して、いま注目を集めているのが「地域限定のSNS」である。そのひとつ「マチマチ」に取材をしてみた。

 マチマチは、自分が住むエリア(人口密度等に応じて半径1km~10km)に範囲を絞ったSNSである。地域にもよるが、通常、何丁目単位で区切られているので、文字通り「ご近所」の情報を知ることができる。

「マチマチ for 自治体」のトップページ。コミュニティの活性化に一役買っている

「マチマチ for 自治体」のトップページ。コミュニティの活性化に一役買っている

 閲覧するだけではなく、投稿や質問、相談と使い方は様々だ。2016年にスタートしたこのサービス、一気に全国へと拡大し、現在は全国60%のエリアをカバーしている。

◆コメントつけて質問もできる

 使い方は簡単だ。まず登録をする。郵便番号で自分の地域を検索したら、すぐに利用できる。電話番号で認証する実名制なので情報の信用性は高い。

 利用は無料である。子育て情報をはじめ、防災、防犯、病院、介護、住宅物件、求人、リサイクル、スポーツ、レジャー、習い事など、生活に密着した情報が分類されて掲載されている。気になった情報があれば、コメントをつけて質問したり、詳しい人に相談もできる。

例えば、子育て中のお母さんはこんな投稿を