ライフ

シルバー女性、広がる活躍 人材センターで仕事増加 調理、保育…能力生かす (1/3ページ)

 シルバー人材センターで女性の活躍の場が広がっている。人手不足を背景にセンターへの人材派遣の依頼が増加。一方、継続雇用の普及などで男性会員の減少が続いており、各センターは女性会員の獲得に力を入れている。調理や保育補助など女性のスキルを生かしやすい仕事が増えていることも、シルバー女性の活躍を後押ししている。

 5月中旬、桜島を一望する鹿児島市の「城山ホテル鹿児島」。同市シルバー人材センターから派遣された君野真理さん(63)と蓑原順子さん(61)が調理場で宴会用の和食を盛り付けていた。

 君野さんは2年前にセンターの会員となり、同ホテルの仕事を紹介された。時給761円で週2~5日働き「若い同僚と関わって生活に張り合いができた。お給料で服や靴を買うのが楽しみ」とほほ笑む。蓑原さんも「母の介護で特定の曜日しか働けないが、職場は配慮してくれた。介護の気分転換になる」と話す。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus