ライフ

中国でも「モノ消費」から「コト消費」へ

 華道を学ぼうとする中国人が増加している背景には、中国でも買い物を中心とした「モノ消費」から体験重視の「コト消費」にニーズが変化している傾向があるという。未生流笹岡の川口志秀さんは「経済成長で物質的に恵まれた一方、精神的な充足を求める人が増え、日本文化への興味が高じたようだ」と話す。

 こういった傾向は中国人だけにとどまらない。観光庁が発表した訪日外国人消費動向調査によると、平成30年の訪日客旅行消費総額は4兆5189億円。費目別では、買い物代が1兆5763億円と全体の34.9%を占めるが、シェアは前年より減少。代わって娯楽サービスや飲食費、宿泊料金が伸びており、モノ消費からコト消費への転換が進んでいる。

 中国の旅行代理店の日本支社「イデアタッチトラベルジャパン」(大阪市)によると、華道に限らず茶道、書道など日本文化の体験ができるツアーは数年前から人気が高く、募集するとすぐに満席になる状態が続いている。

 国内の旅行代理店にも、同様の傾向がある。JTBが展開する訪日客向け国内旅行「サンライズツアー」では、2月の中国・春節の時期は北海道の流氷ツアーが人気。花見を前面に押し出した桜シーズンの4月は、予約人数が前年から15%増えるなど好調だという。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus