趣味・レジャー

銚子電鉄「まずい棒」赤字削減に貢献 新味「ぬれ煎餅味」も限定販売へ (1/2ページ)

 銚子電鉄(千葉県銚子市)が販売するスナック菓子「まずい棒」が昨年8月の発売から1年を前に100万本以上を売り上げ、厳しい経営状況の改善に大きく貢献している。平成30年度決算では本業の鉄道事業で大きな赤字となったが、まずい棒や「ぬれ煎餅(せんべい)」などを扱う食品製造販売事業の営業利益は前年度より6割以上増え、本業の赤字幅を縮小した。

 銚電はまずい棒の発売1周年を記念して、新味「ぬれ煎餅味」を8月3日に発売する。経営危機を救ったぬれ煎餅とまずい棒-2つの救世主の“奇跡のコラボ”が実現する。今後はぬれ煎餅の新しい味付けや、持ち前の「自虐ネタ」を生かしたユニークな企画を準備しており、怒濤(どとう)の新商品ラッシュで起死回生を図る。

 「経営がまずいので」

 「まずい棒に救われた」。銚電の竹本勝紀社長(57)は、まずい棒を発売してからの1年間を振り返り、そう語った。

 まずい棒は、銚電が毎夏走らせている「お化け屋敷電車」の企画・演出を担当する怪談蒐集(しゅうしゅう)家、寺井広樹さんが考案。パッケージに描かれた車掌姿のキャラクター「まずえもん(魔図衛門)」は、「まずい」という言葉に反応して魔界からやって来る銚電ファンの異星人という設定で、ホラー漫画家の日野日出志(ひでし)さんが手がけた。

 昨年8月3日に第1弾のコーンポタージュ味が発売されると、「経営がまずいので」という自虐的なネーミングやユーモラスなパッケージが話題となった。犬吠駅の売店に行列ができるなど予想以上の売れ行きに追加生産が間に合わず、品切れ状態が続いた時期も。今年3月にはシリーズ第2弾となるチーズ味の販売を始めた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus