5時から作家塾

「予防歯科」が必要な現代、ついに画期的なサービスが実現 (1/3ページ)

吉田由紀子
吉田由紀子

 みなさんは定期的に歯科医院に通っているだろうか。虫歯や歯周病を予防するには、日常のケアが必要なのは言うまでもない。虫歯や歯周病は放っておくと進行するだけでなく、重大な全身疾患につながる危険性が高いことが、最近の研究で明らかになっている。

 そのため、予防に力を入れる歯科医院が増えている。こういった状況を背景に、オンラインで歯に関する相談ができるサービスが登場し、注目を集めている。

 スマホで小児歯科医に相談「ブラシる」

 「ブラシる」は、子どもの歯や口の悩みを、スマホで小児歯科医に相談できるサービスだ。対象は0歳から12歳まで。月額980円、月に1度10分間相談に応じてくれる。何度も相談したい方には、相談し放題プランも用意されている。

 昨年7月に始まったサービスだが、親御さんからは「子どもが歯磨きをしない」「歯並びが気になる」「ストローでうまく飲み物を飲めない」「フッ素はいつから塗布すればいいの」と、こんな相談が次々と届いている。対応するのは、小児歯科専門のドクターである。

 このサービスを立ち上げた株式会社NOVENINE(ノーブナイン)代表取締役・歯科医師の竹山旭さんと代表取締役社長の廣瀬智一さんに取材をした。

 「お子さんは6歳から10歳までに乳歯から永久歯に生え変わります。100歳まで生きることが珍しくなくなった今、永久歯は70年、80年使い続けなくてはなりません。そのためには小さい頃から適切なケアを続けていくことと正しい知識の習得が大事です。とはいえ、親御さんが忙しかったり、体調が悪かったり、近所に小児歯科医院がない場合もあります。そういった方が気軽に利用できるサービスが必要だと考え、立ち上げました」(竹山医師)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus