趣味・レジャー

ラグビーW杯、宿泊は奈良で 外国人3割引、PVも実施 (1/2ページ)

 奈良県は10日、20日に開幕するラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会に合わせ、インバウンド(訪日外国人客)を取り込むための観光プロモーションを展開すると発表した。奈良公園バスターミナル(奈良市)でパブリックビューイング(PV)を開くほか、外国人限定で宿泊料を30%割り引く。新たな英語版PRポスターも作成し、ラグビー好きの外国人に奈良の魅力をアピールする。

 PVは五輪やサッカーW杯などの国際大会で、日本代表選手の地元自治体やスポーツバーなどで開かれるケースが多い。県は20~22日の3日間限定で、PVを初めて主催。好評が得られれば、来年の東京五輪でも実施する方針だ。

 20日午後6~10時には、1次リーグA組の日本がロシアと戦う開幕戦を放映。21日(同1~9時)と22日(同2~10時)は日本戦以外の3試合を放映する。

 会場は同バスターミナル2階レクチャーホール(約300人収容、飲食禁止)と、ビールやソフトドリンクなどが販売される情報広場(約100人収容)。ともに200インチ(約4メートル×約3メートル)の大画面で迫力あるプレーを観戦できる。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus