クルマ三昧

“危険行為”も監視 3D地図を活用した日産の最新プロパイロットが凄い (1/3ページ)

木下隆之
木下隆之

 今秋発売の日産・スカイラインに搭載される予定の先進運転支援技術「プロパイロット2.0」がとんでもないことになっている。

 矢沢永吉が両手をハンドルから離して「やっちゃえ日産」と呟く。その刺激的なCMで印象の深い日産肝入りの先進運転支援技術がさらに進化して搭載されることになったのだ。

 車線中央を安定して走行

 プロパイロット2.0の最大の特徴は、「3D高精度地図データ」が採用されていることだ。これによって、これまでできなかったハンズオフ(手離し運転)の領域が広がったのだ。これまでのような、カメラとレーザーだけでは限界がある。“見て走る”ではなく“先を見て走る”である。

 最大の驚きは、高速道路をハンズオフで走行可能なことだ。BMWやアウディも同様な機能を発表したものの、速度制限がある。渋滞路に限定されている。だが日産のハンズオフは、法定速度内+誤差10km/hならば、ハンズオフでの走行が許される。カーナビを設定すれば、ハンドル操作をせずとも、目的地まで運んでくれるのだ。

 実際には、車線中央を正しく安定して走ってくれる。他メーカーにあるような、左右に揺れるようなことはない。ピンボール感覚はない。車線内の中央を忠実にトレースする。これまでのどのクルマよりも安心してステアリングを任せることができた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus