ライフ

変わる大阪・ミナミの“座ウラ” 「ここで味が認められればどこででも成功する」 (1/2ページ)

 大阪・ミナミに「座ウラ」と呼ばれるエリアがある。大阪市中央区難波4丁目の「なんば楽座」で、約200の飲食店が並ぶグルメスポットだ。近年はここにも訪日外国人客(インバウンド)が増えており、名前の由来となった新歌舞伎座の跡地には12月、「ホテルロイヤルクラシック大阪」がオープンする。新たなランドマークの登場で、座ウラはどう変わるのか。(土屋宏剛)

 若者向けの店舗増

 老舗の焼き鳥店の赤ちょうちんに、おしゃれなイタリア料理店の立て看板。夕暮れになると、仕事帰りの会社員らがあちこちで「乾杯」の声を響かせる。

 座ウラは、新歌舞伎座の裏、という意味だ。ミナミの“顔”として親しまれた新歌舞伎座は平成21年に閉館し、現在は上本町の複合ビルに移転しているが、座ウラの名前はそのまま残った。南海難波駅前の北に位置し、御堂筋と千日前通、阪神高速の高架に囲まれた三角地帯に当たる。

 かつては「難波新地」と呼ばれる花街だった。それがここ数年、昔からの居酒屋やスナックに交じって、店主の個性あふれる洋食店やバーなど、若者向けの店舗が増えてきた。難波駅東側の「ウラなんば」に続くグルメスポットとして定着している。

 「やき鳥ササキ」を営む佐々木進さん(71)は、新歌舞伎座があった頃から20年以上も座ウラで商売を続けてきた。当初は「どこにでもある、普通の繁華街」だったという。

 しかし、駅を中心に百貨店や銀行、大型の家電量販店などが並ぶにつれ、若者からお年寄り、サラリーマンから会社役員まで、年齢や所得層を問わず、さまざまな人が出入りする場所になった。

 インバウンド人気

 さらに、インバウンドが加わった。「韓国人や中国人が、日本人と同じものを『おいしい』と言って食べている。とても面白い光景です」と佐々木さん。

 このエリアがグルメスポットとして定着した理由について「国内外のいろいろな人がおいしい料理を求めてここに来る。界隈で競い合ううちに、食のレベルが上がったのでは」と話す。

 「ここで味が認められれば、どこででも成功する。ある意味、座ウラでの商売は挑戦だと思っています」

 長屋のような建物の一角で28年12月からすし店「松寿し」を営む近藤晋太朗さん(39)はこう話す。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus