ローカリゼーションマップ

「嫌い」を「好き」にするマッピングとは 壁は案外高くない (3/3ページ)

安西洋之
安西洋之

 生理的にどうにもダメというのは別にして、好き嫌いなんて、そう深刻なことではないのかもしれない。だからといって、嫌いなままだけで、嫌いなことと長くは付き合えない。

 ただ、嫌いを好きにする壁はそう高くない。つまらない狭い見方で自分を閉じ込めているのを解放する。それだけだ。

 逆にいえば、好きが嫌いになるのもあっという間だ。だから好き嫌いを上手く手なずけ、多くの好きをつくっていくのが大事なのである。

 それには、自分の嫌いをマッピングしていくのが役に立つ。嫌いには、ある共通項があり、その理由を突き詰めていく。そして、その理由は些細なことであり、それよりも優先順位の高いことを見いだせば、些細なことは簡単に吹き飛んでしまう。

 そしてやっているうちに、嫌いだと思っていたことが、「ああ、そういえば、嫌いだったのだ!」と時を経て思い出す。しかも、まったくニュートラルに思っていたことよりも、よほど感情移入がしやすい。

 人生なんて現金なものである。

安西洋之(あんざい・ひろゆき)
安西洋之(あんざい・ひろゆき) モバイルクルーズ株式会社代表取締役
De-Tales ltdデイレクター
ミラノと東京を拠点にビジネスプランナーとして活動。異文化理解とデザインを連携させたローカリゼーションマップ主宰。特に、2017年より「意味のイノベーション」のエヴァンゲリスト的活動を行い、ローカリゼーションと「意味のイノベーション」の結合を図っている。書籍に『イタリアで福島は』『世界の中小・ベンチャー企業は何を考えているのか?』『ヨーロッパの目 日本の目 文化のリアリティを読み解く』。共著に『デザインの次に来るもの』『「マルちゃん」はなぜメキシコの国民食になったのか?世界で売れる商品の異文化対応力』。監修にロベルト・ベルガンティ『突破するデザイン』。
Twitter:@anzaih
note:https://note.mu/anzaih
Instagram:@anzaih
ローカリゼーションマップとは?
異文化市場を短期間で理解すると共に、コンテクストの構築にも貢献するアプローチ。

ローカリゼーションマップ】はイタリア在住歴の長い安西洋之さんが提唱するローカリゼーションマップについて考察する連載コラムです。更新は原則金曜日(第2週は更新なし)。アーカイブはこちら。安西さんはSankeiBizで別のコラム【ミラノの創作系男子たち】も連載中です。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus