教育・子育て

「PTA活動って楽しい」 広報紙の大胆改革で“脱・やらされ感” (1/2ページ)

 面倒臭そう、できれば回避したい…と敬遠され、役員選びがくじ引きになりがちなPTA。そんな“常識”を覆した小中学校がある。大阪府和泉市の市立南池田中と市立青葉はつが野小だ。両校で会長を務めた那須顕一さん(49)らが「楽しいPTA活動」を旗印に改革を断行。成果は広報紙づくりにも表れ、府PTA協議会の広報紙コンクールで小学校の部・金賞、中学校の部・銀賞とダブル受賞を果たした。那須さんらが実現した「楽しいPTA活動」とは-。(古野英明)

 魂込めて編集

 「歴史的快挙」「W受賞の秘話」「PTA大パニックの舞台裏」

 カラフルな紙面にタブロイド判夕刊紙を思わせるセンセーショナルな大見出しが踊る。今年7月、両校PTAが合同製作した広報紙の「号外」だ。

 両校の広報紙は5月に発表された府PTA協議会のコンクールで、同一中学校区の“兄弟校”として金銀ダブル入賞の快挙を成し遂げていた。全国コンクールでも、同小が佳作に、同中が奨励賞に決まり、11月に表彰式が行われる。

 青葉はつが野小PTA会長の木村規洋子さん(42)は「保護者にも子供にも読んでもらえて家庭の会話が弾むよう、毎回魂を込めて作りました」と話す。

 担当制を廃止

 広報紙のダブル受賞は、「PTA改革」の果実の一つにすぎない。

 改革の先頭に立ったのは、保険代理店を営む那須さんだった。同小のPTA役員になったのは平成25年。自身は「誤って立候補してしまった」という妻の代役で就任した。半数ほどがくじ引きで選ばれており、「やらされ感」が強かったという。月1回の会議は毎回約2時間におよび、「苦痛でスマホばかり見ていました」。

 翌年会長になると、活動を楽しくするための改革に着手した。まずは会議の時間を1時間以内に短縮。逆に活動機会は増やした。役員から担当を外し、全員に声をかけるようにした。

 たとえばPTA最大のイベントである夏祭り。看板づくり、景品や飲食物の仕入れ、学校側との打ち合わせなど、仕事は山ほどあり、担当役員は4月から忙殺されていた。それを、全員に声をかけて「来られる人だけ来る」というやり方に変えたという。

 特定の人しか参加しない恐れはあったものの、一人当たりの負担は軽減された。苦楽をともにしたことで連帯感が生まれ、役員同士がどんどん仲良しに。任期が切れる3月になっても「PTA活動って楽しい」「まだ続けたい」と、翌年度以降も立候補し続ける人が相次いだという。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus