ライフ

年収700万円を捨てて「山奥で起業」を選んだワケ 原点は東大野球部での経験 (1/2ページ)

 東京大学の野球部で4番打者を務めた児玉光史さん(40歳)は、農学部を卒業後、都内の一部上場企業に就職した。年収は約700万円。ところが、その恵まれた待遇を捨てて、実家のある長野県でUターン起業をした。一体なにがあったのか。本人に聞いた――。

 東大出身者はなぜ東証一部上場企業を辞めたのか

 東京大学の卒業生は、都内でステータスの高い職業に就いている人が多い。だが、そうした生き方が幸せだとは限らない。東京を離れて、新しい仕事を始める人もいる。児玉光史さん(40歳)もそのひとりだ。

 児玉さんは長野県有数の進学校である上田高校から一浪して、東大理Iに入学。農学部に進み、卒業後は、東証一部上場企業である「電通国際情報サービス」に就職した。同社は、海外のソフトウエアや自社開発のシステムを組み合わせて、企業にITサービスを提案する会社だ。

 児玉さんはキヤノン、エプソン、ソニーなど大企業を顧客とする優秀な営業マンとなった。給料も年収約700万円と悪くなかった。だが、サラリーマン生活を4年続けた頃、「俺はこのままでいいのか」と自分の今後の人生について迷うようになった。

 自分は長男であり、父親は長野でアスパラガスの兼業農家を営んでいる。それを放っておいていいのだろうか。東大農学部で学んだことを生かせないのか。そんな思いが高まったのだ。

 「もやもやした気持ちを抱えながら、1年くらいプー太郎のような生活していました。その後、実家が農家という仲間をウェブで募って、東京・自由が丘で野菜を売りました。また農業の現状視察をしたくて農家に手伝いに行ったり、農業ベンチャーの会社でバイトをしたりして。おかげで小売りや流通の流れを肌で感じることもできました」

 モラトリアムのような生活が6年ほど続いた。そろそろ腹をくくらなければ、と思っていた2012年、「結婚式の引き出物」に疑問を抱いた。さっそくカタログギフト事業を手がける「地元カンパニー」という会社を渋谷で立ち上げる。4年後には、「地元・信州で仕事をやりたい」と考え、会社を出身地の上田市内の武石という集落に移転した。新幹線の上田駅から車で1時間ほど、オフィスからコンビニまで歩いて1時間弱はかかる「山奥」に、だ。

 弱小東大野球部4番打者が山奥で「年商1億」

 このカタログギフト事業はちょっとユニークなビジネスとして注目されている。

 例えば、長野県出身の新郎、熊本県出身の新婦による披露宴が都内で開かれた場合、参列者には引き出物として地元カンパニー作成のカタログが渡される。ギフトメニューは、カップルの地元である長野や熊本の名産品だ。ありきたりの既製品でなく、新郎新婦にゆかりのある土地のものだから、贈られる側にも気持ちが届く。

 ギフトメニューは地域別に用意しており、現在、全国42都道府県を網羅している。児玉さんらスタッフが現地に直接足を運び、調査した地域の知る人ぞ知る逸品をそろえた。

 この事業は評判を呼び、結婚式の引き出物以外にも広がっている。出産内祝いや香典返しといった個人客のほか、企業の周年記念や株主優待品として贈られたこともある。県内の自治体をはじめ各地でふるさと納税の返礼品にも採用された。

 さらに、児玉さんはIT企業での勤務経験を生かして、このカタログギフト事業のシステムそのものを他社に販売している。

 「会社を立ち上げた1年目の売り上げは数百万円でした。今は、おかげさまで年商約1億円になりました。ビジネスモデルとしては自信があったのですが、なにせ最初は資金がなかった。銀行などから数千万円を借りましたが、無理なく返済できているので事業は順調かなと思っています。注文のほとんどがインターネット経由です。注文が入ると、送付する品物の梱包の一部を障害者支援施設にお任せしています」(児玉さん)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus