デキる男は住まいから

大掃除の前にトヨタ式“大片づけ” お父さん主導で目標を「見える化」 (2/2ページ)

香村薫
香村薫

 例えば子供が「サッカーチームのレギュラーになりたい」と目標を設定したとします。それに向けて、

  • 半年後には⇒ 練習で強化チームに入る
  • 今月は⇒ リフティング500回連続、週に5回チーム練習に参加する
  • 今日から毎日⇒ スクワット100回、腹筋100回、プランク3分、タンパク質や野菜を意識して食べる

 といった具合です。具体的な目標が決まると、

  • リビングで筋トレができるようスペースを広げよう
  • 学校から帰宅したら20分で宿題を終わらせてサッカーに行けるよう、勉強グッズを片づけよう!

 と片づけのゴールが明確になってきます。どの部屋をどのように片づけようか? が分かりやすいですね。

 年末は大物の踏ん切りがつく

 日本人は「来客」があるとわかると積極的に片づけや掃除を行います。年始は人の出入りが多いモノ。このタイミングにぜひ、家の中で不要だと感じている大物の有無を家族で相談してみてください。

 先日も、お片づけの現場で「このピアノ、もう使っていない」だったり「自転車に乗らないのだけど…」という声が上がっていました。必要無いから捨てる、と判断する前に、必要としている人を探してみるのはどうでしょうか。手放す方も、引き続き使ってくれる人がいると思うと気持ちよく手放せますね。

 片づけによる買い控えの効果

 家の中の片づけを行うと、「モノを片づけるのは重労働」という意識が芽生えます。年末年始は財布のひもが緩みがちですが、その前にモノとしっかり向き合うことで、ムダなモノの購入を控えるようになりますね。

 とはいえ、何も買わないというわけではありません。本当に必要だと思う来年の抱負に合うモノを購入すれば、目標達成に向けたやる気ががぜんアップしますね。年末の片づけ意欲アップのきっかけになりましたら幸いです。

香村薫(こうむら・かおる)
香村薫(こうむら・かおる) 片づけの専門家
ライフオーガナイザー
大学卒業後、トヨタグループ会社に入社。そこで学んだトヨタメソッドを家事に応用した「トヨタ式おうち片づけ」を提案。片づけサポート業務「ミニマライフ.com」を起業。全国での講演活動、個人宅での片づけサポートを行う。著書に「トヨタ式おうち片づけ」「トヨタ式超ラク家事」(ともに実務教育出版)「トヨタ式家事シェア」(主婦の友社)がある。NHKをはじめTVや新聞・雑誌などメディア出演多数。

【デキる男は住まいから】はライフオーガナイザーでミニマライフ.com代表の香村薫さんが、トヨタ自動車のグループ会社で学んだメソッドを家事に応用し、ビジネスパーソンが今すぐ実践できる「家事シェア」のノウハウなどを伝授するコラムです。更新は原則隔週月曜日。アーカイブはこちら

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus