Shopping

聞きたい音が大きく聞こえる。そんな方へおすすめの耳のお悩み特集

 加齢による聴力の衰えで、テレビをつい大音量で見てしまったり、お孫さんとの会話で、何度も聞き返してしまったりと、知らぬ間に家族や周囲に迷惑をかけてしまう…。また、外部の音が聞き取りにくいことから、自動車の運転に集中できないなど、「耳」に関する悩みは、年齢を重ねるごとに増えると言われています。そんな聞こえにくさに悩まれている方々に向け、産経ネットショップでは、お手軽な価格で購入できる3つの集音器やスピーカーを販売しています。<産経ネットショップ>

 集音器とは、医療機器である補聴器とは異なり、周囲の音を集めて増幅することで音を聞こえやすくする機器のこと。補聴器より安価に入手できるなど、お財布にやさしい点もうれしいポイントです。

 今回オススメするパイオニアの「フェミミ集音器VMR-M557」(21,780円、税込み)は、最新のデジタル技術が採用されています。まず、これまでの集音器に多かった、あの不快な“ピーピー音”をハウリング防止機能で抑制。人の声を中心に音域を増幅する“フェミミ効果”と相まって、普段の会話をより楽しむことができるほか、突然の大きな音から耳を保護する突発音防止機能も備えています。

 使い方も至ってシンプル。電源はどこでも手に入る単4乾電池を使用しているため、音量調節をするだけですぐに使えます。装着感も抜群で、耳にフィットしやすく、外れにくい構造に。左右の音量もバランス調整ができ、ステレオで自然に聞くことができます。

 一方、ソニーの「首かけ集音器SMR-10」(38,368円、税込み)には、オーディオやICレコーダーなどの開発で培ったソニーならでは高い技術力が盛り込まれています。なかでも、この商品を作るうえでソニーがもっともこだわったのは、「テレビの音をクリアに聞くこと」。最大の特徴は、テレビの音声を集音器のマイクで拾うのではなく、音声信号を充電台兼テレビ音声送信機を経由して、集音器にワイヤレスで飛ばして受信・再生する点。この技術により、クリアな音声を実現することができました。

既存の集音器のイメージを変える先進的なデザインもソニーならでは。重さも本体約90グラムという軽量設計です。

 ソニーの「お手元テレビスピーカーSRS-LSR100 C」(21,868円、税込み)も、耳に悩みを持つ方の生活に役立ちそうです。テレビ音声が聞き取りにくい時や、家事をしながらテレビ音声を聞きたい時などにこのスピーカーが活躍。送信機を通じて、テレビ音声がワイヤレスでスピーカーへと伝送されるため、手元にスピーカーを置けば、より近くで音声を楽しむことができます。

 操作方法も簡単。スイッチは大型電源ボタンを押すだけでオン・オフの切り替えができ、さらにそのボタンが音量つまみにもなっています。テレビ音声が途切れてから約10分経つと、電源が切れる「自動電源オフ」を搭載しているため、「切り忘れ」の心配がありません。

 耳に関する悩みを持つ方の生活をサポートしてくれます。家族や友人との会合や、見たいテレビや映画があった時などに活躍してくれそうな3商品です。

産経netShop

パイオニア フェミミ 集音器 VMR-M557 パイオニア フェミミ 集音器 VMR-M557 ソニー 首かけ集音器 SMR-10 ソニー 首かけ集音器 SMR-10 ソニー お手元テレビスピーカー SRS-LSR100 C ソニー お手元テレビスピーカー SRS-LSR100 C 慶洋エンジニアリング ベートソル ブルートゥース搭載 首かけ集音器 EM-C110 慶洋エンジニアリング ベートソル ブルートゥース搭載 首かけ集音器 EM-C110 エムケー電子 みみもとホンTV ES-600GT エムケー電子 みみもとホンTV ES-600GT エムケー電子 イヤーフォースポケット EF-27M エムケー電子 イヤーフォースポケット EF-27M

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus